虹色ランデブー

「和」のメソッド、マインドフルネス・タッピングを実践し、新時代を共創するおっさんの雑記帳です。

お伊勢参り その2

 

伊勢神宮: こころを照らす神々の都

伊勢神宮: こころを照らす神々の都

 

 

矢継ぎ早に、伊勢神宮ツアーその2,です ^^;

 

虹の仲間との、このツアーでの最大のポイントは何だったか、というと、おそらく、「共鳴」でした。。

 

心が響き合うのです。

 

ひとつは、伊勢神宮の神秘と、もうひとつは、虹の仲間同士で。

 

とても美しいヴァイブレーションを感じました。

 

伊勢神宮は、外宮も内宮も、当然のように、筆舌に尽くしがたい、強烈に美しいヴァイブレーションがあり、それが、参拝の前から、ずっと胸を打っていました。

 

伊勢の土地に足を踏み入れた時から、「この辺一体がご神域なんだ・・・」とひしひしと感じるくらいに、波動が高いのです。

 

しかし、ふと疑問を感じました。

 

ぼくは、そこまで敏感だっただろうか・・・?」

 

正直、自分の能力を超えた、波動探知というか・・・いったいどうして、こんなにスルドイのだろう? と疑念を感じました。

 

それが氷解したのが、現地で虹の仲間と合流したとき。

 

要は、虹の仲間の力で、ぼくが敏感になっていたんですね ^^;

 

ご縁の深い、しかも、タダモノではないキャラクターが集結した虹の仲間のレベルは、非常に高いのです。

 

彼らと、お参り前のワクワク感ですでに共鳴していたため、みんなの感度のレベルが高まっており、それで、より繊細な、神秘的な次元の伊勢神宮のヴァイブレーションが、敏感に察せられたのです。。

 

・・・そして、みんなでお参りをしましたが、もう、全行程、ひしひしと、レベルの高すぎる波動のなかを泳いでおりました。いや、一体化していた、というか・・・。

 

なので、ツアーも終わりに近づいた頃には、虹の仲間全員の波動がまちがいなく、とても高められていたと思います。

 

心地よい疲れのなかで、静かに終わった伊勢神宮ツアーは、すばらしいものでした(・_・)(._.)