虹色ランデブー

「和」のメソッド、マインドフルネス・タッピングを実践し、新時代を共創するおっさんの雑記帳です。

アファメーション。

 

レス・ポール&メリー・フォード(CDベスト・ナウ)

レス・ポール&メリー・フォード(CDベスト・ナウ)

 

 

願望実現、ということで、いろいろな手法が公開されています。

このテのものに欠かせないのが、アファメーションですね。

 

何かこう、前向きな言葉を唱えます。潜在意識に入りやすいように、と、独特の、端的な言い方をしたりします。

 

たとえば、「私は失敗しない」、と言うのなら、潜在意識は「しない」という言い方を受け付けないから、「失敗する」とインプットされてしまうので、「私は成功する」と唱えなさい、というような・・・。

 

いろいろなテクニックがあるようです。

 

ぼくもかつて、アファメーションは試したことがあります。

 

いや、試した、というより、「これはスゴイ効果があるかも」と期待して、相当にやり込みました ^^;

 

有名な、「ツイてる」というのなどは、なにしろ言葉が簡単だから、お経のように繰り返した記憶があります。

 

・・・で、結果はどうだったか、というと、あまり芳しいものではありませんでした。いろいろなアファメーションをやってみたのですが、さっぱり効果がありません。

時には、事態が悪化するようなこともあって・・・。

 

うまく行かなくなると、「これはもっと徹底しなくてはいけない」と思うようになり、さらに唱える回数を増やしたり、方法を工夫したり・・・。

 

しかし、ダメなんですね。

 

なぜアファメーションが効かないか、というと、今ならわかるのですが、それは、顕在・潜在を問わず、意識のなかに、マイナスの感情が満ちているから、なのです。

 

過去にためこんだ、怒りや不安・悲しみなどの「負」の感情が、いわば蓋をしてしまって、アファメーションを受け付けないようになっているのです。

 

中には、マイナスの感情が溜まらない人がいます。

 

おそらく先天的な素質の問題ではないかと思うのですが、そういう人の場合は、アファメーションが効果を発揮します。

 

しかし、それはめったにないことのようです。

 

こうしたマイナスの感情を取り除く手法として、マインドフルネスタッピングやリミットブレークマスターがあります。

これらのメソッドは、おそろしいほど簡単に、過去のマイナスの感情を、ごっそり取り除いてくれます。

 

そして、これらに習熟してくると、あえてアファメーションを多用しなくても、願望がかなってくるようになります。

また、無謀な望みを持たないようになっていきます。

 

幸せになってゆくんですね。

幸福度が上がるにつれ、いきなり「大富豪になりたい」とか、思わないようになってゆきます。

 

日に千回、アファメーションを唱えるのを日課にしよう、と思ったときは、まず、タッ

ピングから、というのがいいようです ^^。

 

「和の引き寄せ」を加速する マインドフルネスタッピング

「和の引き寄せ」を加速する マインドフルネスタッピング