虹色ランデブー

「和」のメソッド、マインドフルネス・タッピングを実践し、新時代を共創するおっさんの雑記帳です。

自分いじめと自己受容

 

ジブリラックス ハープで奏でる宮崎アニメワールド

ジブリラックス ハープで奏でる宮崎アニメワールド

 

 

おばんでやす(・_・)(._.)

この頃になってつくづく思うのが、「自分いじめ」がなくなりましたね( ̄∇ ̄)

 

以前は、些細な事でも、自分で自分につらく当たってしまい、周囲からも、「コンプレックスが強いんじゃないか」とか、「マゾなんじゃないか」などの、愛のない意見をたびたび頂戴して、さらに落ち込んだりしたのですが( ̄0 ̄)

 

そうなってくると、「心のデフレ・スパイラル」がどこまでも蔓延して、調子はどんどん悪くなり、次々と不運を引き寄せてしまいます。。

ところが、その当時は、「引き寄せる」ということにも無関心だったから、自分が不運のどん底にいるのに、それは自分自身の問題ではなく、何か他に原因があるのではないか、などと考え、不毛な開運法を探し求めたり、心理学をかじって、ねじ曲げた解釈を施して、他の誰かのせいにしたりなど、今考えると、状況を悪化させることばかりしていたように思えます(T_T)

 

最近はそういうことも、俯瞰して眺められるし、まずは、「自分いじめ」をしなくなりました。やろうと思ってもできません( ̄∇ ̄)

 

なぜかというと、自己受容が高まったからだと思えます。

 

自己受容というのは、「ありのままの自分を認める」ことですが、これが特に大人になると、難しくなってきます。

いろんな情報が入っているためか、いろいろと悪いふうに頭を使うようになってしまい、単純に感謝する、などの素直な感受性を失ってしまい、自分で自分を追い詰めるようになります。

 

そして、自分を信じることができなくなってしまいます。盲目的な自信は問題もあるでしょうが、ふつうに自分を愛することができなくなってしまいます。

そうなれば、他者を愛することもできません(´・ω・`)

 

こうして引き寄せてしまう不運を解消するために、きびしい修行をしたり、風水を改善したり、占いにしたがったりしても、根本的な解決には到らないようです。。

 

不運や苦しみを引き寄せているのが自分であるから、自分をなんとかするしかないようです。

 

そういうときに、ぼくの場合ですが、タッピングに巡り会いました。

幾多の試行錯誤を重ねたうえ、です。

もう、タッピングを知る頃には、半死半生どころか、3/4くらい棺桶に足を突っ込んでいました(爆)

 

タッピングで衝撃的なほどの癒しを体験したことからはじまって、リミットブレークマスターやエネルギーマイスターなどを学ぶようになりましたが、いつの間にか、不運や苦しみが解消されていることに気づき、その頃には、少年時代からずっと続けてきていた「自分いじめ」の習慣(?)からも解放されていました。

 

どんどん幸せになってゆきます。 ^^。

 

自分の体験だと、ここ数ヶ月は、日増しに幸せ度と幸せ体験が目白押しになっており、驚くほどです。。

 

自己受容を簡単に高める方法に、「愛してるワーク」というのもあります。こちらはとみ太郎先生の書籍にやり方が書いてあるし、簡易ながら非常に強力な方法なので、ご興味にある方は、そちらも参考にしていただければ・・・。

 

100%絶対かなう「願い方」  うまくいく人は神さまに“何を

100%絶対かなう「願い方」 うまくいく人は神さまに“何を"“どう"願っているのか?