虹色ランデブー

「和」のメソッド、マインドフルネス・タッピングを実践し、新時代を共創するおっさんの雑記帳です。

ジョーン・ジェット。

 

グレイテスト・ヒッツ

グレイテスト・ヒッツ

 

 

久しぶりに、サブカル・ネタを行こうと思い、いろいろと考えたのですが、とりあえずは、80年代に体験したジョーン・ジェットのライブのお話を・・・。

 

ジョーン・ジェット。

ご存じの方も多いかもしれませんが、元ランナウェイズのギターを担当してい白人女性でして、当年60才、と、いやはや、彼女もこちらも年を取ったというか ^^;

 

80年代の半ば頃です。

彼女がブラックハーツというバンドを率いて、「アイ・ラヴ・ロックンロール」という曲を全米で大ヒットさせ、それからスター街道まっしぐら、で。。

 

その最中に来日したんです。

ぼくが行ったのは、中野サンプラザでのライブでした。。

 

一緒に行った友人が、彼女の大ファンだったんですね。

それで、ぼくが連れとして動員されて・・・私的には、ジョーン・ジェット、嫌いではなかったけれど、ファンというわけでもなく。

 

とにかく、何かにつけて潔い女性で、、超シンプルなロックンロールを、超シンプルに演奏し、シャウトし、なんか、「一人暴風雨」みたいな・・・ちなみに彼女、かなりの美です。

そのうえ、レザーの上下に身を固めており、その辺りのマニアの人だったらたまらない・・・かもしれませんが、そういう、下品な下心を許さない、という、毅然とした「強さ」があり、そこがまた、特に女性崇拝の傾向がある人には、たまらんでしょうねえ( ̄∇ ̄)

 

サンプラザに行ってみると、観衆はたいていが男で、その多くが、やはりジョーンを崇拝しているのか、革ジャンなどの黒レザー系のファッションに身を固めており。。

 

会場はロックな雰囲気に包まれておりました、うん。

 

やがて、ブラックハーツのメンバーが出てきて(全員男。この誰もが、ジョーンに、アゴでこき使われているのがまた、たまらない人も多かったでしょー。)、やがてご本尊が登場。

 

その時点で、もう熱気は最高潮です。

フルハウスだったと記憶しています、中野サンプラザ

 

演奏がはじまると、小柄なジョーンがギターをかき鳴らしながら、シャウトし、ステージ上を駆け巡る・飛び跳ねる・・・もう、たいへんなテンションで(O_O)

 

潔いロックで売っているから、一曲が3分に満たないのが多いのね。。

嵐のように、次々と曲が変わって、汗だくのジョーンが、「サンキュー、トーキョー!」と言ったかな・・・ともかく、ギグが終わって、楽屋に引き揚げてしまったんだけど、開始してから40分くらいしか経っていませんでした ^^;

 

アンコールで出てきてくれたけれど、えらい短いなー、、という印象が。

しかし、ちょっと考えても、あれだけのテンションで、それ以上演奏するというのは、人間として不可能とも思えるし。

そして、ダレ場がなくて、観客も一気に盛り上がっていたから、あの長さで正解だったとも思えるし。。

 

今思い出しても、鮮烈に記憶に残っているし、ねえ・・・。

 

彼女ヴィーガンだという話ですが、ストレート・エッジ! という感じのライブでした。。やはり、素晴らしかったな。。

 

 

名古屋が熱い。

 

 

おばんでやす(・_・)(._.)

 

久しぶりにサブカルネタ行こうか、音楽で攻めるか、などと考えていたなか、まだ熱暑冷めやらぬなかを、名古屋まで一拍で行って参りました(当方、東京郊外在住)。

 

師匠のとみ太郎先生のセミナーがあったんですね・・・なんか、宗教ノリっぽいが 汗;。

しかも、セミナーの名前が「エネルギーマイスター&超引き寄せセミナー」って、もう、怪しさど真ん中です( ̄∇ ̄)

 

この暑さのなか、そういうのに、なんと男女四十数名が集ったのです・・・!

いやはや、宗教の力は、、・・・ではありません。

まあ、何を言っても、怪しむ人は怪しむわな(´・ω・`)

 

セミナーの内容は濃かった、のですが、今回は、そのお話はいたしません。。

 

素晴らしかったのは、集った人たちと、そこで醸成された雰囲気の「良さ」です・・・!

 

私などは、ほとんどが初対面の方だったのですが、もう、セミナー開始直前から、会場が和気藹々モードになっており、なんか、どなたとも、かなり知り合った仲、のような感じがしてならず、そのまま、皆さん弾けてしまい、セミナーからその後の懇親会の終わりまで(いや、散会したあとも、余韻が残りまくりました。。)、おそろしく高いテンションが持続して、もう、パワースポット状態でした ^^;

 

地元の方が多かったのですが、名古屋の風土と人、というのは、やはり天下人が出たという伝説通り、何かちがうのかもしれん。。

 

ノリがどこかほんわかした明るいもので、・・・いや、分析したら、面白くないって( ̄0 ̄)

 

そのまま楽しみましょう。

 

じつに、すばらしい時間でした(・_・)(._.)

 

翌日に一人で食した名古屋名物の数々もとても美味しくて、、なんか、懐かしい土地になりましたね、名古屋!

 

 

 

 

 

ピュア・素直。

 

嵐が丘 (新潮文庫)

嵐が丘 (新潮文庫)

 

 

蒸していますが、乗り切って行きましょう♪

 

昔、「ピュアなハートがほしい」って歌がありましたね(ふっる・・・)。

ほか、女子プロレスが盛んだった頃に、「ピュア・ハート」を謳っていた団体がありました( ̄∇ ̄)

 

なかなか、望んでも、また、スローガンにしても、ピュアにはなれません(T_T)

 

もう、小学生の時点でピュアさとは卒業しちゃった方も数多い、と思います。。

 

ところが・・・大人になっていても、大昔にピュアさや素直さを忘れてしまっていても、これは、取り戻す事ができるのです。。

 

また、いつもの展開・・・かもしれませんが、マインドフルネスタッピングやリミットブレークマスターなどのメソッドが、その鍵になります。

 

これらのメソッドの特長は、余計なもの、端的に言うと、心に染みついたゴミ・汚れを落としてゆくことです。

 

赤ちゃんに戻るような気持ちで、どんどん心のゴミや汚れを落としてゆきます。

 

面白いくらいに落ちます。。

 

なので、これを数ヶ月続けると、心に曇りがなくなってきて、気づいたときには、まっさらの、ピュアな心になっていて、そうなると、素直な性格に変わっているんです( ̄∇ ̄)

 

真面目にやれば、望まなくても、そうなります ^^;

 

進んでゆくと、目の輝きが変わってきます。どこか、澄んだような、独特の清らかさが出てきます。

 

肌の張りや、色つやが健康的に改善され、女性でしたら、自然に綺麗になります

 

・・・そうなった頃には、自分では気づかなくても、相当に、ピュア&素直になっています。。

 

心のゴミや汚れ・・・その多くが、過去の痛手であり、心の傷である場合がほとんどです。

 

そういうものが、永らく、心の自由を奪い、自然な美しさを奪ってしまうのです。健康や幸運までも、奪ってしまう。

 

その牢獄から解放されるか否かは、ご自分の決断にかかっていることが多いです。。

 

むろん、時期が到らない、というケースもあります。

 

・・・メソッドは「一生もの」で、やるほどに、自然な自分に、身も心も帰ってゆきます。

 

笑顔だけでも、自然にできるようになります。

そういうお手伝いを、私はしています。。

 

追伸;九月から、「お問い合わせ窓口」を作ります。

 

地獄の季節 (岩波文庫)

地獄の季節 (岩波文庫)

 

 

安定感。

 

 

 

今日も蒸し暑いですね。乗り切って行きましょう♪

 

マインドフルネスタッピング、リミットブレークマスター、エネルギーマイスター、、と、主に三つのメソッド(ほかにもあるんです。「禁断の3ステップ」とか・・・名前が怪しすぎる?? ^^;)をやってきて、ひとつ言えるのは、精神面での安定感が半端ではないこと、です。。

 

日々、ぶれない、という・・・。

 

良いときは良いときで、浮つかずに、じっくり楽しめるし、悪いときは悪いときで、沈まないで、何か楽しむようにする、、ということができます。

 

良いことがあっても、悪いことがあっても、何か、「どこ吹く風」的なノリがあって、しっかりと地に足を付けて生活できます(断言)。

 

ぼくは、永らくうつ病を患っていましたから、その数十年の間(長っ!)、安定感とは無縁でした(T_T)

 

うつがひどい時というのは、もう、ひたすら沈みっぱなしで、ただただ苦しんで過ごす・・・

 

・・・まだ、「苦しい」というのがあれば、活発なほうで、ひたすら、沈んで、ただただ時間が過ぎ去るのを呆然と見守っている、というか、、かろうじて生きている状態です。。

 

あらゆる欲望が眠ってしまい、食欲もないから、体重は激減しますが、今思えば、筋肉量が減衰するという、きわめて不健康な痩せ方で、当然、肌色はくすみ、むくんで、ひどい有様

・・・なんだけど、そういう自分を鏡とかで確認することすら、億劫なんですね(´・ω・`)

 

少し元気が出ると、今度は、「躁鬱モード」に入ります。

 

うつの反動で、無闇に明るくなる、というか、無鉄砲になる「躁病」モードが入ります。

 

そうなると、無謀な買い物をしたり、体は弱っているのに無理な活動をするから、ケガをしたり、なんらかの「事故」に巻き込まれ&引き起こしたり、、、

 

ロクなことがありません。

 

こういう日々と、完全に、「サヨナラ」できました\(^O^)/

 

タッピングその他のメソッドをやってゆくと、こういう病気に打ち勝ち、さらに、元気に生きてゆく、、という流れが出てくるようです。。

 

また、これらのメソッドをこなしてゆくと、自然に、日常の生き方・自分の「在り方」というのが、前向きになってゆくようです。。

 

前向きになってゆくと、メソッドの「効き」がさらに高まり、そこでさらに、メソッドの威力の相乗効果があるから、さらに前進するという、

 

フィードバック的な生活ができるようです。

 

そういうところから、より深いところに入ってゆけるようです。。

 

そうなると、いつの間にか、人生を楽しんでいる、というモードに入ってゆくようです。。

 

努力が裏切らない、という世界は、素敵です ^^。

 

アングリーバード (吹替版)

アングリーバード (吹替版)

 

 

 

楽しくなければ・・・

 

新しい筋トレと栄養の教科書

新しい筋トレと栄養の教科書

 

 

最近、「筋トレ」に凝っています。

 

体型が危険水域に入ったので(爆)、それで体重計に乗ってみたら、これが、もう・・・(O_O)

 

それで、はじめたんですが、これが楽しいんですね♪

 

気分転換にも良いし、メリットが目白押しで、早速、体型と体重が改善されてきました\(^O^)/

 

やはり、楽しいから続く、というのが「王道」だと思います。

 

苦しいけれど、この道を行く! という生き方が好きな方だったら、それはそれで良いと思いますし、

世界によっては、楽しい練習だったら「上」に行けない、というのは明確にあるので、それを否定する気はまったくありません。

 

タッピングその他のメソッドの世界は、楽しい気持ち、というのが大切です。。

メソッドに、これが感じられたら、すごく上達します

 

まあ、どのメソッドも、楽しくできるように出来上がっています♪

 

対人セッションなどは、やる方も受ける方も、ドキドキワクワクもあって、とても楽しいもので、やると、病み付きになる方もいます( ̄∇ ̄)

 

真剣になってつめてゆかなくてはならない、ジャンルもほかにはありますが、私たちの世界では、真剣さは、あまりオススメではなく、むしろ、笑いが歓迎されます。

 

そういう、和気藹々とした講座やセッションが、大きな特色です。

 

 

気持ちが暗くて、とてもそうなれない、という方でも、メソッドを受けられると、短時間で暗い気持ちが忘れられ、あと、インストラクターがいる空間は波動が高くて、とても優しく、楽しいですから、自然と、楽しい気分になってゆきますから、ご心配なく ^^。

 

・・・そろそろ、「問い合わせ窓口」を作らないと ^^;

 

こう書いていると、セッションをやりたくなってきました。。

 

「和の引き寄せ」を加速する マインドフルネスタッピング

「和の引き寄せ」を加速する マインドフルネスタッピング

 

 

臨死体験の記憶。

 

ウィンダム・ヒル・ジャズ・ベスト・コレクション

ウィンダム・ヒル・ジャズ・ベスト・コレクション

 

 

蒸し暑い日が続きます。どうぞ、ご自愛のうえ、無茶をせずに御無事に乗り切ってください(・_・)(._.)

 

今回は、まあ、タイトル通り、なかなかヘヴィな体験を書くことにします。また、今回は文字のデコレーションはしません。。

 

タッピングその他のメソッドに巡り会う前のぼくは、迷いまくっていて、不幸・不運のドツボにおりましたな。そういう時に対抗策を知らないと、不幸や不運は雪だるま式に大きくなり、トンデモないことを引き寄せ続ける、という、「不幸の悪循環スパイラル」にはまってゆきます。

 

その究極の形のひとつに、ぼくの場合、臨死体験がありました(´・ω・`)

 

実は、その前に自殺未遂をしているんです(爆。これも重い話になるかもしれないけれど、そのうち、書きますね。)。で、死にきれず、ストレスと不運の吹きだまりみたいになったある日、倒れてしまいました。

 

後でわかった病名は、突発性虚血症というものでした。有名なアクション・スター、ブルース・リーの死因がこれだ、と言われています(もっとも、ぼくとブルース・リーで、リンクすることは、限りなく少ないですが ^^; どちらも「龍」くらいかな? ・・・この「龍」についても、いずれ・・・)。

 

ストレスが極限状態になると襲ってくる病気のようですね。ぼくの場合、幸い自宅にいたときに、襲われました。「あ、死ぬな・・・」と直感しました。当時、家にほかに病人がいたので、迷惑にならないよう、もつれる舌で救急車を呼び、家の外で待ちました。

 

救急車に乗ったときはもう、両目の瞳孔が開いており、痙攣がありました。

 

すぐに病院直行が決められ、車内で横にされて、強心剤などを打たれましたが、血圧急降下、脈拍、呼吸ともにどんどん弱くなりました。力がどんどん抜けて行き、視界が朦朧として、ひどい寒さを感じたのを覚えています。

 

心臓電圧ショックの処置が何度もなされ、いろんな所に注射を打たれ、救命士さんたちが、必死になって尽くせる手をすべて尽くしてくれているのがわかり、もつれる舌で、「もういいです」と言った覚えもあります。

 

やがて、救命士さんの誰かが、「もうダメだ!」と叫び、その頃には、もう、体の感覚がなく、意識も微かでした。そこで、「10,9,8・・・」という声が。

 

どうも、死亡時刻を決定する、「カウント・ダウン」なんですね ^^;

 

すーっと、意識が遠のいてゆき、どこかで、救命士さんの誰かが、「今時には珍しい、いさぎよい最期でした」と言ってる(爆)

 

・・・・・・・・・で、蘇生したんです( ̄∇ ̄) 後で、心肺停止の状態になった、と聞かされました。病院のベッドの上でした。短時間で体重が五キロ減った。

 

後で、医療関係者の知人にきいたら、「おそらく、その状態がちょっと長く続いたら、脳にダメージが出来て、障害が残ったでしょうね」と言われました。。

 

・・・・・こういう事が、当時は、「あって当然」という生き方だったんですね。

 

今では、「あり得ない話」です。こんな状況に陥ることがない。はるか事前に食い止めています。だから、他人事のように語れます。

 

この状況があったのが、とみ太郎先生に巡り会って、タッピングをはじめる、一年くらい前だったと思います。先生に巡り会い、タッピングを学ぶまでは、いつ、同じ事が起こっても(それよりもっと悪い事が起こっても)不思議ではありませんでした。

 

それが、タッピングをはじめてから、僅か、三ヶ月で劇的に改善され、六ヶ月で別人になり、八ヶ月も経った今頃は、なんか、羽根が生えています(爆)

 

ちょっと勇気を出して、やることをやっただけでした。それで人生がまるっきり変わってしまいました。

 

一オシです、このメソッド ^^。

 

死者の書 (角川ソフィア文庫)

死者の書 (角川ソフィア文庫)

 

 

世界のルール?

 

 

厳しい暑さが続きます。

水分補給を怠らず、無事に乗り切ってください(・_・)(._.)

 

人生、いろいろな事があって、こちらなど、メソッドをきちんとやっていても、「良いこと」ばかりは引き寄せられず、「悪いこと」に巡り会う事も多いです(´・ω・`)

 

しかし、端的に言って、「悪いこと」がなければ「良いこと」というのはあり得ないわけで、そういうバランスのなかに生きているのが人、といえます。

 

タッピングその他のメソッドをやってゆくと、傾向として、「悪いこと」に巡り会う確率が、かなり低くなるのは言えると思います。

 

「悪いこと」が目白押しに訪れてくる、というような事がなくなります。仮に、そういう事態があっても、そのほとんどが、メソッドをはじめる前にこしらえた、よろしくない因子の結果が出ているだけで、膿を出している、というケースのようです。

 

膿が出きってしまえば、その後の運勢は安定・上昇に向かいます。

 

また、人間世界のルールとでもいえる展開があります。

 

それは、「夢が達成される直前には、困難が起こる」というものです。

 

なぜか、夢がかなうすぐ前には、何かしらのドラマが展開されるようなのです。神様は、運命をドラマチックに盛り上げるのがお好きなようで ^^;

このあたりの「仕組み」がどう出来上がっているのか、わからないし、知りたいとも思わないのですが、どうも、これが「人生ゲーム」(?)のルールなようです。。

 

なので、突発的に「ドラマ」がはじまってしまっても、「ああ、あのお約束ね」とやり過ごせばいい・・・のですが、なかなか、それは難しい。

どうしても、出来事に翻弄されて、まごついてしまいます。そこで、ドラマに気を取られすぎて、「もういいや」と夢を放り投げてしまうと、アンハッピー・エンドで、あなたの負け、、という・・・(T_T)

神様だか悪魔だかが笑っている、、という展開です。。

 

そうならないようにするにはどうすればいいのか・・・・・、となると、お馴染みですが、タッピングの出番です( ̄∇ ̄)

 

出来事に引っかき回されて、乱れた心、その状態を認識し、しっかり受け止めてから、タッピングやリミットブレークマスター、ワンネス、などのメソッドを淡々と行えば、嵐をやり過ごす可能性が非常に高くなります。。

 

今まで、こういう、強力でお手軽なメソッドはなかったか、公開されていませんでした。

 

だから、どうしても精神論で乗り切ろうとしたりなど、かなりの負荷をかけて、倒れてしまったり、なんとか乗り切っても、夢がかなったときにはボロボロになっている、というような事態も多かったのです。

 

便利な時代になってきた、と言えます ^^。

 

 

新装版 考えるヒント (文春文庫)

新装版 考えるヒント (文春文庫)