虹色ランデブー

「和」のメソッド、マインドフルネス・タッピングを実践し、新時代を共創するおっさんの雑記帳です。

臨死体験の記憶。

 

ウィンダム・ヒル・ジャズ・ベスト・コレクション

ウィンダム・ヒル・ジャズ・ベスト・コレクション

 

 

蒸し暑い日が続きます。どうぞ、ご自愛のうえ、無茶をせずに御無事に乗り切ってください(・_・)(._.)

 

今回は、まあ、タイトル通り、なかなかヘヴィな体験を書くことにします。また、今回は文字のデコレーションはしません。。

 

タッピングその他のメソッドに巡り会う前のぼくは、迷いまくっていて、不幸・不運のドツボにおりましたな。そういう時に対抗策を知らないと、不幸や不運は雪だるま式に大きくなり、トンデモないことを引き寄せ続ける、という、「不幸の悪循環スパイラル」にはまってゆきます。

 

その究極の形のひとつに、ぼくの場合、臨死体験がありました(´・ω・`)

 

実は、その前に自殺未遂をしているんです(爆。これも重い話になるかもしれないけれど、そのうち、書きますね。)。で、死にきれず、ストレスと不運の吹きだまりみたいになったある日、倒れてしまいました。

 

後でわかった病名は、突発性虚血症というものでした。有名なアクション・スター、ブルース・リーの死因がこれだ、と言われています(もっとも、ぼくとブルース・リーで、リンクすることは、限りなく少ないですが ^^; どちらも「龍」くらいかな? ・・・この「龍」についても、いずれ・・・)。

 

ストレスが極限状態になると襲ってくる病気のようですね。ぼくの場合、幸い自宅にいたときに、襲われました。「あ、死ぬな・・・」と直感しました。当時、家にほかに病人がいたので、迷惑にならないよう、もつれる舌で救急車を呼び、家の外で待ちました。

 

救急車に乗ったときはもう、両目の瞳孔が開いており、痙攣がありました。

 

すぐに病院直行が決められ、車内で横にされて、強心剤などを打たれましたが、血圧急降下、脈拍、呼吸ともにどんどん弱くなりました。力がどんどん抜けて行き、視界が朦朧として、ひどい寒さを感じたのを覚えています。

 

心臓電圧ショックの処置が何度もなされ、いろんな所に注射を打たれ、救命士さんたちが、必死になって尽くせる手をすべて尽くしてくれているのがわかり、もつれる舌で、「もういいです」と言った覚えもあります。

 

やがて、救命士さんの誰かが、「もうダメだ!」と叫び、その頃には、もう、体の感覚がなく、意識も微かでした。そこで、「10,9,8・・・」という声が。

 

どうも、死亡時刻を決定する、「カウント・ダウン」なんですね ^^;

 

すーっと、意識が遠のいてゆき、どこかで、救命士さんの誰かが、「今時には珍しい、いさぎよい最期でした」と言ってる(爆)

 

・・・・・・・・・で、蘇生したんです( ̄∇ ̄) 後で、心肺停止の状態になった、と聞かされました。病院のベッドの上でした。短時間で体重が五キロ減った。

 

後で、医療関係者の知人にきいたら、「おそらく、その状態がちょっと長く続いたら、脳にダメージが出来て、障害が残ったでしょうね」と言われました。。

 

・・・・・こういう事が、当時は、「あって当然」という生き方だったんですね。

 

今では、「あり得ない話」です。こんな状況に陥ることがない。はるか事前に食い止めています。だから、他人事のように語れます。

 

この状況があったのが、とみ太郎先生に巡り会って、タッピングをはじめる、一年くらい前だったと思います。先生に巡り会い、タッピングを学ぶまでは、いつ、同じ事が起こっても(それよりもっと悪い事が起こっても)不思議ではありませんでした。

 

それが、タッピングをはじめてから、僅か、三ヶ月で劇的に改善され、六ヶ月で別人になり、八ヶ月も経った今頃は、なんか、羽根が生えています(爆)

 

ちょっと勇気を出して、やることをやっただけでした。それで人生がまるっきり変わってしまいました。

 

一オシです、このメソッド ^^。

 

死者の書 (角川ソフィア文庫)

死者の書 (角川ソフィア文庫)

 

 

世界のルール?

 

 

厳しい暑さが続きます。

水分補給を怠らず、無事に乗り切ってください(・_・)(._.)

 

人生、いろいろな事があって、こちらなど、メソッドをきちんとやっていても、「良いこと」ばかりは引き寄せられず、「悪いこと」に巡り会う事も多いです(´・ω・`)

 

しかし、端的に言って、「悪いこと」がなければ「良いこと」というのはあり得ないわけで、そういうバランスのなかに生きているのが人、といえます。

 

タッピングその他のメソッドをやってゆくと、傾向として、「悪いこと」に巡り会う確率が、かなり低くなるのは言えると思います。

 

「悪いこと」が目白押しに訪れてくる、というような事がなくなります。仮に、そういう事態があっても、そのほとんどが、メソッドをはじめる前にこしらえた、よろしくない因子の結果が出ているだけで、膿を出している、というケースのようです。

 

膿が出きってしまえば、その後の運勢は安定・上昇に向かいます。

 

また、人間世界のルールとでもいえる展開があります。

 

それは、「夢が達成される直前には、困難が起こる」というものです。

 

なぜか、夢がかなうすぐ前には、何かしらのドラマが展開されるようなのです。神様は、運命をドラマチックに盛り上げるのがお好きなようで ^^;

このあたりの「仕組み」がどう出来上がっているのか、わからないし、知りたいとも思わないのですが、どうも、これが「人生ゲーム」(?)のルールなようです。。

 

なので、突発的に「ドラマ」がはじまってしまっても、「ああ、あのお約束ね」とやり過ごせばいい・・・のですが、なかなか、それは難しい。

どうしても、出来事に翻弄されて、まごついてしまいます。そこで、ドラマに気を取られすぎて、「もういいや」と夢を放り投げてしまうと、アンハッピー・エンドで、あなたの負け、、という・・・(T_T)

神様だか悪魔だかが笑っている、、という展開です。。

 

そうならないようにするにはどうすればいいのか・・・・・、となると、お馴染みですが、タッピングの出番です( ̄∇ ̄)

 

出来事に引っかき回されて、乱れた心、その状態を認識し、しっかり受け止めてから、タッピングやリミットブレークマスター、ワンネス、などのメソッドを淡々と行えば、嵐をやり過ごす可能性が非常に高くなります。。

 

今まで、こういう、強力でお手軽なメソッドはなかったか、公開されていませんでした。

 

だから、どうしても精神論で乗り切ろうとしたりなど、かなりの負荷をかけて、倒れてしまったり、なんとか乗り切っても、夢がかなったときにはボロボロになっている、というような事態も多かったのです。

 

便利な時代になってきた、と言えます ^^。

 

 

新装版 考えるヒント (文春文庫)

新装版 考えるヒント (文春文庫)

 

 

 

エネルギーマイスター。

 

MUSIC IS

MUSIC IS

 

 

猛暑です。お元気に過ごされているでしょうか。

水分補給と休憩を効果的に取って、対処なさってください(・_・)(._.)

 

前回、「仲間内でエネルギーを送り合う」話を、つっこんで書く、というようなことを記しましたが、この企画がまだ立ち上がったばかりで、データもわずかした蓄積されていないため、見送らせていただきます(・_・)(._.)×2

 

エネルギーとか、「気」というものに関しては、こちらでは主にエネルギーマイスターというメソッドに収束されています。。

これはなかなか画期的なメソッドで、習得するのに過酷なトレーニングなどは必要なく、いったん身につけると、特別なケースを除いて、高い効果を発揮します。

 

「エネルギーを送る」とか、「エネルギーで浄化する」、「エネルギーで保護する」、「悪い(と思われる)エネルギーを断ち切る」その他、さまざまな技法がありますが、特徴的なのは、このメソッドを使っても、消耗しない、というポイントがあります。

 

むしろ、使うほど技法に習熟して威力が増加していきます

 

上級者の方などは、ほかのタッピングその他のメソッドとこれを効果的にアレンジして、独自の強力な技を駆使したりします。。

 

個人的に、このメソッドが「おいしい」と思えるのは、これを手に入れると、自動的にほかのメソッドの威力が高まることですね( ̄∇ ̄)

 

実践者本人が扱えるエネルギーの総量が飛躍的に大きくなるから、そういう結果が出るのだと思います。

 

本人の工夫と創意しだいで、かなりの可能性が開けてゆきます。その点は個々の努力や研鑽が必要ですが、基本的に先天的な才能や資質と関係なく、能力が開花します

 

・・・この暑さに対して、エネルギーを駆使して、暑さを感じなくさせる、とか、身体に涼しさを覚えさせる、とか、そういうことは当たり前に、ありません ^^;

そうではなく、この暑さのなかでの生活を楽しむ、とか、この暑さならではの面白さを生き生きと感じる、、という方向に向かっていきます ^^。

 

楽しく進んで行きましょう♪

 

オン・ザ・ビーチ

オン・ザ・ビーチ

 

 

 

 

 

 

 

ワンネス&浄化

 

インターステラー(吹替版)

インターステラー(吹替版)

 

 

 

七月末に、「ワンネス・マスター」をいう講座を受けてきました♪

インストラクターはとみ太郎先生でおました。。

 

ワンネス、というと、ご存じの方もおられると思いますが、要するに、「宇宙と一体になった」状態のことを言うようです。

・・・これ、何事も、マスター・レベルの境地ですよね ^^;

 

ぼくもそう思って、「どうなのかな?」という疑問があったんですが、なんとまあ、講座が終わってみると、ぼくだけでなく、受講生全員が、宇宙と一体化していました(爆)。

ただ、この講座は、上級者向けになっていて、はじめられる方が、いきなりの受講はできません(・・・と、さりげなく自分を上級者扱いして悦に入ってます)。

 

しかし、ですよ、宇宙とひとつ、なんて、、と思っていた受講前とちがい、数日経った今だと、「宇宙とひとつって、こんな感じだよ」と言えるんです。なんか、スゴイ・・・。

 

ですが、宇宙の感覚をつかんだら・・・・当然のようにはじまりました、浄化(爆)。

講座の最中にも、セキがよく出ていたから、「これは、あるな」と覚悟はしていたんですが。。

持病の扁桃腺が腫れて、あと、汚い話ですが、おなかが下って、数日、フラフラしております(ぼく以外の人は、そうなってないみたいなんすね。。みんな、レベル高からかあ。。。。)。

 

以前にも、こういう経験をしているんですね。

ほかのメソッドを暗中模索していた頃です。

浄化反応が起こることは珍しくありませんでした・・・しかし、今まで経験した浄化反応は、いずれも、かなり極端な向きがありました。

 

長く寝込んだり、足腰が立たなくなったり(O_O)、嘔吐してしまったり、意識が飛んでしまったり・・・と、かなり過酷なうえ、浄化の時期が過ぎてからは、心身のどこかに不愉快な違和感が常にありました。。

そういうのって、後になってかならず、その違和感が露出してきて、まあ、ロクなことがないんです(´・ω・`)

それに比べると、この扁桃腺炎ははるかに、軽微だし、フラフラはしていますが、力強い前進する力が底にありますから、まったく心配感がありません。。

そもそも、とみ太郎先生が創始したメソッドの数々は、効果は大きく、その反動がきわめて小さいんです。「これをやったからヘンになった」みたいのはありません( ̄∇ ̄)

 

で、浄化を推進したものの一つに、「虹の仲間」同士でエネルギーを送り合う実験、というのをしたのが挙げられるのですが・・・・・分量の都合から、これは次回に回しますね♪

 

 

 

ふっかつ。。

 

MimicryPet ミミクリーペット ポメラニアン 全長12.5cm

MimicryPet ミミクリーペット ポメラニアン 全長12.5cm

 

 

一週間くらい、ブログ、更新しなかったんではないでしょうか??

別に病気ではないし、何か特別な事情が・・・・・ありました ^^;

愛犬が、PCのアダプターのケーブルを噛み切ってしまったんです(あべし!)。

私は、部類の動物好きでして、現在、犬二匹・猫三匹・亀一匹と同居しているんですが、ワンちゃんのうちの、ポメラニアンがやった仕事ですなあ・・・。

その日、珍しく、飲み会に参加したんですね。とても珍しい、自分としては。

で、その飲み会が残念なもので。

・・・参加者の一人が、えんえんと自慢話をはじめちゃって、会話の八割以上をその彼がやっちゃって、そこに酒が進んで、これから本領発揮しそうだったから、ぼくは、エスケープしました(´・ω・`)

で、夜に帰宅したら、留守番でスネていた愛犬が、CPを使えなくしておりました(T_T) 飲み会とこれで、ダブルパンチの、困った夜でした(・0・)

翌日、某電気店にケーブルを買いに行ったら、えらい感じの悪い男の店員さんが、「そんなもん、ふつう売ってませんよ。それ、中古で探すしかないんじゃないですか?」と、驚くような対応

で、店を出たら、自動車にあやうく、ぶつかるところでした(゜◇゜)

・・・・何が書きたいのか、というと、前述の例のような事が、ここ二週間以上にわたり、ほぼ毎日、数回起こっているんです(爆)

なぜか? ・・・どうも、個人セッションやろう! 吉祥寺で講座を開こう! と、前向きに、本気で動き始めたから、それの反動見たいのがきているらしい、んですね。

同じ経験をされた方が先輩にもいて、創始者のとみ太郎先生も経験済みのようです。

こうした、「よからぬ」現象が起こったときは、クールに状況判断して、タッピングやリミットなどを活用してゆくと、おおむねクリアできるみたいですね。

で、いろんな「よからぬ」事がある、その反面に同時に「いいこと」も発生しているんです。前回までの、「陰と陽」でおます。

ぼくの場合は、この二週間、駅で電車を待ったことがありません。

「間」がすごく良いのです。また、思わぬ臨時収入が、なかなか頼もしい金額手に入りました。・・・なので、大丈夫、という感があるから、今の「試練」も乗り越える自信があります。。

よく言われることで、ジタバタしないで、中庸を守ればいいわけです。

「それが出来ないんだよ!」という場合には、タッピングとかを使えば、「中庸マインド」はすぐに手に入ります。

なんというか・・・良い時代になってきている、とも思えませんか??

 

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

 

 

 

陰と陽。

 

100%絶対かなう「願い方」  うまくいく人は神さまに“何を

100%絶対かなう「願い方」 うまくいく人は神さまに“何を"“どう"願っているのか?

 

 

前回も書きましたが、エネルギーマイスターがかかった状態と、外された状態だと、ほぼ同じ現象を前にしても、受け取る情報がちがう、というお話です。

ひとつの現象というか、出来事があって、それには、良いことも悪いことも等しく盛り込まれているわけです。

それに遭遇したときに、良いことを取るか、悪いことを取るか・・・どうも、これで人生の先行きが決まって行くようです(´・ω・`)

よくある、「陰陽太極図」ですね。

物事すべての側面に、陰と陽と、両方の情報が対等に入っている、、という(うーん、なんか、深遠な事を書いているような気持ちになったなあ・・・)。。

この、どちらを取るか、です(陰と陽、だと、陰が「悪い」ようなイメージがありますが、そんなことはありません。こちらの陰陽、ではなく、引用が適切でない、ということでありんす。)。

 

ここで、「意識的に良いところ取りをしよう!」というふうになりがちなのですが(それはそれで、間違っているわけではありませんが・・・)、

それでは、「遅い」ところがあります。

何かが起こっている、と意識して、そこから、「ここが悪くて、ここが良い」と意識し、さらにそこから、「それでは良いほうはこちらだ」と意識するのだと、次々と時間がかかってしまいます。

・・・これは、左脳的なのです。

左脳と右脳を比較すると、処理する情報量の桁がちがいます(といって、左脳が「悪い」わけではもちろん、ありません!)。

前述のケースだと、直感的に作動する右脳のほうは、すでに、桁違いの情報を処理しているのですが、そこに、後出しで左脳の判断を何重にも重ねることで、結果、受け取る情報が、ごく僅かなものになってしまうのです

・・・それが、「遅い」ということです。

 

どうしてそうなってしまうか、というと、潜在意識に積み重ねられた、ネガティブ(あるいはマイナス)の情報のせいです。

後天的に刷り込まれていくネガティブ情報のために、要は「心が曇った」状態になってしまっています。

 

本来、赤ちゃんのときには、自然に情報を受け取り、自然にそのなかから有益な情報を選び出してゆきますが、その働きがストップしてしまい、結果として、受け取った情報をごく狭く限定して、さらにそこに、思考のクセによるフィルターをかけてしまっているのです。。

・・・こういう、蟻地獄のような「落とし穴」にはまっているのが、現代人なのかもしれません。

 

原始人に戻るわけではありませんが、マインドフルネスタッピングその他の技法と、その技法を扱う「在り方」の確立(これはちょっと説明が必要なんですが・・・)は、そういう「罠」から抜け出す福音になると思います。。

 

EROTIC CAKES (エロティック・ケイクス) (直輸入盤・帯・ライナー付き)

EROTIC CAKES (エロティック・ケイクス) (直輸入盤・帯・ライナー付き)

  • アーティスト: GUTHRIE GOVAN,ガスリー・ゴーヴァン
  • 出版社/メーカー: DUレーベル(原盤JTC Records)
  • 発売日: 2012/05/16
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

趣味のストレス外し。

 

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

 

 

最近になって、趣味になっているのが「ストレス外し」です ^^;

タッピングやリミットブレークマスターを行うと、容易にストレスが外れてゆきます。

これにエネルギーマイスターが加わると、最強に近くなります。

ある程度以上にストレスが除去されてくると、健康面だけでなく、生活の様々な局面で「良いこと」が起こってきます。

思わぬ臨時収入が入ることもあれば、ふとした人間関係で感動的な思いを味わったり、いろいろです。

 

ストレスなどの、心のマイナス面が減ってゆくと、どうやら、ある状況に遭遇しても、その状況の「良い面」をキャッチするようになるようです。

 

先日、講座である実験があったのですが、受講生の方に、エネルギーマイスターを「かけた」(機能させた)状態と、「外した」(機能しない)状態、の双方を経験していただき、

どちらの時も、直後に戸外を数分間、散歩していただいたのです(インストラクターは創始者のとみ太郎先生でした)。

すると、エネルギーマイスターを「外した」状態のときは、被験者の方は、「笑っている人を一人も見なかった」のですが、「かけた」状態のときは、「笑顔の方を何人も見た」のです(その他にも、ビックリするような事がいくつもあったようです)。

 

このように、心にマイナス・ネガティブな因子をたくさん抱えていると、キャッチする情報がネガティブなものに傾いてしまう、ということです。

 

・・・ただでさえ、心がつらい状態なのです。それなのに、望みもしないのに、「悪いこと」ばかりをキャッチしてしまい、心のマイナスは雪だるま式に増加し・・・・・となると、悪い「引き寄せ」しか起こらなくなります(´・ω・`)

これは、恐ろしいことです。

こうした状況を招かないためにも、様々な「教え」や格言などが存在するのですが、その「教え」を実行するための具体的な手段については、語られてきませんでした。

 

たとえば、「今日の苦しみは今日だけで十分である。(明日は新たな気持ちで~)」というものがありますが、たしかにその通りですが、昨日・今日の苦しみは、普通だと、心の中にわだかまってしまい、夜が明けたら心機一転、とはなかなかなりません

若いうちならば、まだある程度、跳ね返す力もありますが、年齢を重ねる毎に、それも困難になってきます。そして、袋小路にはまりこんでしまう。

 

あくまで現実的な面ではありますが、ミラクル(マインドフルネス)タッピングその他のメソッドは、そういう行き詰まりから解放される、簡単で具体的な手段のひとつとして、非常に有効です。。

 

つらい修行ではありません。なので、心に引っかかりを感じたら、趣味の感覚でそれを取り外すことができます。そうやって楽しんで取り組めるようになると、現象として、多くの実りを体験できます。

 

追伸;近日中に、メッセージを受け付けるようにいたします。

個人セッションや講座などご希望の方はそちらに連絡ください(・_・)(._.)

 

ハイ・テンション・ワイヤーズ

ハイ・テンション・ワイヤーズ